男のDVD333利根書店未知なる刺激と快楽の終着点『尿道オナニー』 - 男のDVD333円~ 利根書店公式サイト男のDVD333円~ 利根書店公式サイト |
ナイルオープン告知

未知なる刺激と快楽の終着点『尿道オナニー』

『尿道オナニー』ってなに?


尿道オナニーと聞いて、何を想像するだろうか?

多くの人は気亀頭の先にある排尿口に棒を突っ込み、スコスコしている姿だろう。実際ほぼその通りだ。

尿道オナニーとは射精を目的としたオナニーではなく、尿道に異物を通して前立腺を刺激することでドライオーガズムを得るオナニー方法の一つである。

ドMの終着点、変態の極み、色々と酷い言われようもあるが、最近では尿道オナニー用の大人のオモチャも増えてきているため、面白半分で手を出し、その結果ドハマりする人も少なくはない。

絶世のニューハーフゆきのあかりさんも作中で尿道オナニーを解禁しました

 

さて、尿道オナニーはドMの終着点などと言われることがあるが、少し考えてみてほしい。尿道に異物を入れる……、普通の人なら想像はできても行動に移すのは難しい行為だろう。排出することだけを目的に構成された場所にあえて異物を入れるのだから、想像しただけでも痛々しい。

『痛い』という意味ではMを連想させるが、尿道に異物を入れるのにはかなりの勇気がいる。つまり、尿道オナニーはある意味『勇者のオナニー』と言えないこともない。

話が逸れてしまったが、今回はドMのオナニーなのか勇者のオナニーなのか議論が分かれる尿道オナニーについて話していこう。

そもそも『尿道オナニー』は気持ちいいのか?


先に触れた通り、尿道オナニーは前立腺を刺激することでドライオーガズムを得る特殊なオナニー方法で、通常のオナニーで得られる射精時以上の快感が前立腺を刺激し続けている間はずっと続く。

つまり、気持ちいいと感じる時間が通常のオナニーとは比較にならないくらい長いどころか、自分で至福の時間をコントロールできるということになる。

この理屈を考えれば、尿道オナニーを覚えたら尿道オナニーしかできなくなるという人が多いと言われても納得ができるのではないだろうか。

ではなぜ前立腺を刺激することで得られるドライオーガズムが気持ちいいのか、そのシステムと、正しいやり方について説明しよう。

 

まず、なぜ前立腺を刺激すると気持ちいいのか簡単説明しよう。前立腺は男性にしかないもので、女性に例えると子宮にあたると考えられている。

女性の性行為による絶頂は最終的に子宮が関与しているといわれていて、『中イキ』という言葉も『子宮イキ』という言葉から派生したという噂だ。つまり、女性の子宮にあたる男性の前立腺は、刺激すると女性と同じ快感が得られるという訳だ。

ではその快感を味わえる尿道オナニーはどうやったらいいのか。ただ単に金属などの細長い棒を突っ込んでも気持ちよくはなれない。それどころか痛いだけで前立腺にたどり着くことさえ出来ないだろう。

最初はいきなり金属などを使わず、医療用に使われるカテーテルなどを使うのがベストだろう。カテーテル挿入までの順序は以下の通りだ。

 


1・挿入するカテーテルは勿論、自身の手もしっかり除菌作用のある石鹸で消毒する。

2・ペニスは勃起してない状態で亀頭を持ち上げ、滅菌ジェルなどを尿道口にたっぷりぬる。カテーテルにもジェルをしっかり馴染ませておくと挿入が楽になるだろう。

3・尿道口を軽く開き、カテーテルをゆつくり挿入していく。尿道の長さは皆ほぼ同じではあるものの、ペニスの長さが人により異なってしまうが、だいたい16~18cmくらい(勃起していない状態)で尿道に達する。前立腺は膀胱の出口を取り巻くように存在しているので、その付近に合わせてカテーテルを揺らすように小刻みに動かす。


 

以上が尿道オナニーの基本的なやり方だ。最初の内は前立腺の位置が分からないで焦ってしまうこともあると思うが、カテーテルが膀胱に達するとほとんどの人が尿意に襲われる。

前立腺は膀胱の出口にあるので、尿意を覚える少し手前でカテーテルを動かすと前立腺に当たるはずだ。人によってはカテーテルが前立腺に近づくにつれてゾワゾワした感覚があるようだが、個人差があるので参考程度に留めてもらいたい。

また、挿入時は決してカテーテルを無理に押し込んだり、激しく動かさないように注意してもらいたい。いくらカテーテルが柔らかいといっても、尿道はデリケートなので激しく動かせば傷付いて炎症を起こす可能性もある。尿道オナニー中は常に冷静に、快感だけを求め続けてもらいたい。

『尿道オナニー』には細心の注意を!


さて、ここまで尿道オナニーが気持ちいい理由ややり方について簡単に説明してきたが、ここで一つ絶対に覚えておいてもらいたいことがある。それは尿道オナニーの危険性についてである。

先にも触れたように、尿道は非常にデリケートで、ちょっとした雑菌が入っただけでも炎症をおこしたりする。俗に言う尿道炎や膀胱炎というものだ。尿道炎の症状は排尿時の痛み、頻尿、尿意切迫などがあり、膀胱炎は頻尿、残尿感、排尿痛、白濁尿、血尿などの症状があり、非常に辛い思いをする。

さらに恐ろしいのは、雑菌が腎臓にまで達してしまった時である。雑菌が腎臓まで届くと腎盂腎炎になる可能性も出てきてしまうからだ。腎盂腎炎とは、主に大腸菌からの細菌感染でなり得る染症で、尿道炎や膀胱炎からの上行性感染が多い。尿道炎や膀胱炎であれば発熱はしないが、腎盂腎炎になると尿道炎や膀胱炎の症状に加えて、40℃近い高熱や寒気、倦怠感、嘔吐、頭痛などといった症状がでてくる。そうならないためにも、尿道に違和感や痛みを感じたら、すぐに病院で検査をしてもらいことをお勧めする。

おわりに


何度も言うようだが、尿道オナニーは得られる快感が大きい分、デリケートな部分のため危険も伴う。尿道ナニーをする際は必ず除菌作用のある石鹸で手洗いをし、使用する道具もしっかり除菌してから行うようにしてもらいたい。

尿道オナニーグッズの紹介はこちら

ページトップ