男のDVD333利根書店最新のアダルトVRを試してみた - 男のDVD333円~ 利根書店公式サイト男のDVD333円~ 利根書店公式サイト |

最新のアダルトVRを試してみた

アダルトVR体験を試してみました。

はじめに

みなさまこんにちは。群馬・埼玉・栃木・長野で今日も元気に営業中の利根書店です。

今回は、利根書店で取り扱うVR(ブイアール)、中でもアダルトVRについてご紹介します。最新の技術にアダルト映像が融合するとどうなるのか、利根書店のスタッフが実践しました。

それではさっそく見ていきましょう!

VRに懐疑的だったスタッフに最新のアダルトVRを試してもらいました

利根書店勤務のベテランスタッフ利根川部長

みんな元気にしているかな?利根書店で働くベテランスタッフ、利根川部長だ。

今回はアダルトVRについて解説するが、まず最初に言っておく。この記事の読者の中にはVRの凄さを疑っている者も多いのではないだろうか。

何を隠そうワタシもその一人だった。VRを単なるテレビ画面と同じように考えて、
「テレビに近づいて見るのとなにが違う!」
と思っていた。

だが実際に体験したいま、同列に扱うのは明確に間違いだと断言する。それどころか、日進月歩のVRを知らずにいるのはもったいないとすら感じている。

どうして、ここまで豹変したか。

…その理由は、この記事を最後まで読んでもらえばわかるはずだ。

アダルトVRの歴史

まずVRの歴史について語っておこう。

日本でVRブームが訪れたのは、2016年だ。

VRの火付け役はアメリカの「オキュラス」社の製品だが、国内ではSONYの「PlayStation VR」の方が有名だ。だから、プレステVRがけん引役と言って良いだろう。プレステVRの映像美は、もともと高画質指向のプレステユーザーに大ウケして、「VR元年」と言われるほどの注目を集めたようだ。

参考:バーチャル・リアリティ/wiki>/

アダルトVR(スマホ型 VR)が登場する

ところが、ここは「HENTAI」の国、日本である。

VRの美しい映像技術を、ゲームや映画で終わらせる国ではない。すぐに「アダルト VR」の開発が進み、広がりはじめた。

とくに勢いがついたのは、VRデバイスなしで手軽に楽しめる「スマホ型VR」が登場してからだ。「ひとりで楽しむ」VRとAVは、もともと相性がよく、すぐに数千以上のタイトルが登場する。

「スマホ型VR」のメリットは、とにかく費用が安いことだ。

何万円もする機材を買わなくても、普段づかいのスマートフォンに1,000円くらいの専用のバンドだけで体験できる。コスパや手軽さは、最高クラスといっていい。

しかし、「スマホ型VR」には欠点もある。

それは、表現力がスマホのスペックに限られてしまうことだ。スマホでは画面サイズや画質に限界があるし、機種によっては処理落ちで映像がカクつく。

手軽に楽しむぶんにはいいのだが、プレステVRのような未来的映像はむずかしいという現実だ。ワタシもスマホ型VRのお世話になったが、

「画面を近くで見ているだけのような…」

と、ガッカリしたのを覚えている。正直なところ、これじゃない感があった。

本格2大デバイスが登場する

ところが、2019年に入って、ついにアダルトビデオ向けの2大VRデバイス「Outvision VR」と「Pico G2」が登場する。

この2大デバイスは、どちらも専用のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を持つ、本格的なアダルト向けVRだ。

どちらも圧倒的な品質だが、とくに12月に登場した「Outvision VR」は、スマホ型VRに足りなかった「立体感」のある映像で、多くの注目を集めている。

スマホ型VRで満足できない、ワタシら向けの機種と言えるだろう。ワシは実際に体験したが、この2機種の実力はまさに「本物」クラスと感じている。

だからこそ、今回は「Outvision VR」をレビューしようと決めたのだ。

今回視聴した商品はこちら


今回ワタシが視聴したタイトルは「MUTEKI W芸能人 VR」だ。

三上悠亜ちゃんと高橋しょう子ちゃんが、惜しみなく楽しませてくれる、オススメ作品のひとつだ。

冒頭でも言ったが、ワタシはVRにたいした期待はしておらんかった。

「Outvision VR」にしても「ゴーグルに画面を付けただけでしょ」くらいに考えて、営業マンが勧めるから、「しょうがないなぁ」程度の気持ちで見たのを覚えている。

しかし、そんなワタシも「Outvision VR」をかぶった瞬間、「これはスゴい!」と叫んでしまった。

なかでも、装着直後から感じた衝撃が「Outvision VR」の持つ “立体感” だ。

これを言葉で説明するのはむずかしいが、カンタンに言うと「画面じゃない感」がすごすぎる。

ワシが見た作品は、冒頭で三上ちゃんも高橋ちゃんがお出迎えするシーンがあるが、目の前にひろがったふたりは、映像というにはあまりにリアルで、立体的で、これまで見たどんなものより現実感があった。

アダルトビデオでも、3DCGでもない。本物の二人が座っている。動いている。笑っている。

…正直、さいしょは性的に興奮する前に、衝撃度に興奮してしまったな。

もちろん、ブルーレイも3DCGも、キレイさには優れている。しかし「Outvision VR」の表現力は、そんな次元をはるかに超える。「Outvision VR」に登場した三上ちゃんらは映像であることを忘れさせるほど、あまりに可愛く、立体的だ。

「Outvision VR」は、それほど高次元の立体感を持っている。

この圧倒的な立体感を味わうと、普通のDVDには戻れないとすら感じるはずだ。

臨場感が素晴らしい

「Outvision VR」は、ワンシーンごとの臨場感がハンパじゃない。ほぼ実体験と同じレベルだ。

ワシが視聴した作品には、

元気よく微笑みながら、エロエロ水着
ヌギヌギ全裸で、見下ろし接近
目の前まで迫って、ペロペロ、もみもみ

などなど、さまざまなシーンが登場する。ワタシはすべてのシーンが映像ではなく、自分がされているかのような「主体的な臨場感」を味わえた。

VRゴーグルはもともと、頭からすっぽり被ることで、自分と作品以外の世界を遮断してしまう効果がある。しかし、これまでの平坦な映像では「(たとえ主観視点作品でも)やっぱり画面だなぁ」と、第三者感がのこったものだ。

これではテレビの延長線上から抜け出せず、作品の当事者にはなりきれない。

ところが、「Outvision VR」の圧倒的な立体感があれば、この「画面だなぁ感」がキレイになくなる。ハッキリ言ってしまえば、本当に三上ちゃんや高橋ちゃんにペロペロされているような、臨場感が味わえるのだ。

この一時が与える快楽は、実際に体験してこそ、本当にわかる。

「Outvision VR」は、これまでワタシたちがAVに求めていた「視聴」を「体験」に引き上げる、夢のようなデバイスだ。

AVで実際のソープを体験する、全裸家政婦と一緒に過ごす、JKとふたりで風呂に入る。こんな夢のような願望を、実体験できると言い換えても良い。

その興奮度の大きさは、あえて言うまでもないだろう。

気づいたら時間が経っているという

さいごは、単純な没入感の話になる。

みんなはAVを見ているとき、作品早送りしたり、スキップしたことはないだろうか。理由はいろいろとあるが、根本的な原因は「退屈さ」だ。

「Outvision VR」の作品は、そんな退屈さを感じさせない、優れた没入感を持っている。

ワタシはわりと抜けないシーンはスキップしてしまうクチだが、「Outvision VR」はあまりに立体的で、臨場感があるからか、目の前に広がる世界が「スキップできる映像作品」であることを忘れてしまった。

と言うか、1秒1秒が新鮮で、普段ならスキップするような会話シーンも、じっくり眺めて没頭した。普段なら飛ばしてしまうような会話シーンや前戯シーンも、興奮しっぱなしでガン見した。

あとでいろいろな理由を考えたが、いまもハッキリした答えは出てこない。

ただ一つ言えるのは、普段はスキップしまくりで15分くらいしか見ないAVを、たっぷり1時間半見たコトだ。

お陰で普段よりずっとガマンを強いられ、そのぶんだけ強い快感を味わえた。「Outvision VR」は、じっくりとAVを楽しみたい方にも、強くオススメしたいと思う。

アダルトVRを買うなら利根書店


今回ご紹介した商品はこちら。在庫の確認はお気軽にお近くの利根書店へお電話にてお問い合わせください。

利根書店一覧はこちら

ページトップ